ビハクエン(bihakuen)とエーレットジェルの違いは?比較してみた!

肌の生まれ変わりを促してくれるビタミンA誘導体の一種「トレチノイン」がシミのケアには効果的と言われています。

 

ハイドロキノンとトレチノインの併用をすることで高い美白効果を発揮します!

 

この記事では、トレチノインクリームで有名なエーレットジェルとビハクエンを徹底比較していきます!

実際に両方使ってみた結果をお伝えしているので、迷っている方は是非参考にして下さい♪

 

結果だけ先に言うと、私は「ビハクエン」派です。

厳しい製造基準に基づいて製造されていて品質も保証されており、更に返金保証もついているのが決め手です。

 

ビハクエンを見てみる!

 

エーレットジェルの良い所!

エーレットジェルのメリットについて解説します。

エーレットジェルのメリット

 

エーレットジェルは0.025%、0.05%、0.1%の3つの濃度のラインナップかあります。

トレチノイン、レチノイン酸、レチン酸が有効成分として含まれています。

 

型が違うなど少しの差がありますが、レチノイン酸もレチン酸も、トレチノインと同じような成分です。

 

エーレットジェルはニキビの上にも塗布して良いとの記載がありました。

 

トレチノインはターンオーバーを早めニキビの内容物の排出を促し、皮脂腺の萎縮にも効果があるためニキビが減っていくというメカニズムです。

月経前にはニキビがホルモンの影響で悪化するようなので、月経前は避けて塗布しても良さそうですね。

 

通常の2倍の速度でターンオーバーを促すため、例外なく数日以内に異常な乾燥、角質がポロポロと出てくるようになるそうです。

日本ではこれらの濃度での販売となると医薬品扱いになります。

皮膚科でピーリング作用のある薬品は高確率で過乾燥、角質剥離が起こるので「医薬品」と考えると仕方がないのかもしれません。

 

それだけ効果がある商品ということですね。

しかし、ピーリング剤と同じような効果が出てくるため肌のバリア機能差が弱ってしまいます。

 

そのため、トレチノイン使用時には紫外線を吸収しやすい状態になっているためSPF15以上のものを使用するようにと注意書きがありました。

しかし、トレチノインを使用していなくても普段からのケアでSPF30くらいはあったほうが良いので(赤みが出るのを11時間はカバーしてくれる数字)SPF30程度の日焼け止めを使用した方が良いです。

 

日焼け止め使用しないまま放置していると、そもそものシミの原因である紫外線を普段よりも吸収してしまうので新たなシミの原因を作り出しているのと同じです。

 

必ず紫外線対策はしましょう。

ビハクエン(bihakuen)の良い所を発表!

続いてビハクエン(bihakuen)のメリットについて解説します!

ビハクエンのメリット

ビハクエンのトレチノインクリームもラインナップとしては0.025%、0.05%、0.1%の3つの濃度です。

ビハクエンでは、トレチノインの他ヒアルロン酸Naなどの保湿成分も含まれていました。

 

また、トレチノインはStandards and Testing Centre(STC)いう機関で成分の認定を受けています。

STCとは、医薬品としてチェックをしている機関のことです。
この認定を受けていることは医薬品として認められている商品ということです。

 

また、ビハクエンはcGMPという厳しい製造基準に基づいて製造されているので、品質も保証されています。

 

薬として販売できるレベルであれば安心して使用できますよね!

 

ビハクエンのトレチノインクリームは、シミやシワの対策としての使用を目的としているため、ニキビに塗布するようには書いていませんでした。

むしろ、気になるところ「だけ」に塗布するように記載してありました。

 

エーレットジェル同様ピーリング様の変化はでできてしまうので、全顔に使用すると角質剥離が目立ちます。

 

ビハクエンの使用方法として推奨されている使い方をするほうが良さそうです。

 

ビハクエンのトレチノインクリームも日焼け対策は必須です。

SPF30以上の日焼け止めを使用しましょう。

 

トレチノインを含んでいるため、角質剥離がおこりポロポロでてくる可能性はあります。

しかし、ビハクエンは局所的にしか塗布しないので顔全体からポロポロが出るということは無さそうです。

 

使用感としては、エーレットジェルよりもビハクエンの使用方法の方が成分の特徴をふまえると良さそうです!

 

ビハクエンを見てみる!

ビハクエン(bihakuen)とエーレットジェルの比較結果

それぞれメリットについて解説してきましたが、ビハクエンとエーレットジェルの比較結果を発表します。

ビハクエンとエーレットジェル を比較してみましたが、製造環境や成分の安全性をふまえるとビハクエンの方がオススメです。

 

トレチノインは記事中にも有る通り、角質剥離の効果があります。

肌荒れによるポロポロではないことを理解しておく必要があります。

 

また肌トラブルが出た場合は自己判断せず、皮膚科を受診しましょう。

トレチノインは、ハイドロキノンと併用することでより効果を発揮します!

ビハクエンは、別売でハイドロキノンクリームや飲む日焼け止めもあるので是非併用してみて下さい!

 

公式サイト:https://osakadou.cool/topics/bihakuen_refund.html