ビハクエンの会社はアメリカ合衆国?!国外生産について徹底解説

ハイドロキノンクリームやトレチノインクリームなどの販売をしているビハクエンシリーズですが、実は会社はアメリカ合衆国にあります!

日本に会社があると思っていた人もいることでしょう。

 

ビハクエンの購入には輸入が必要ですが、会社がアメリカにあるため、購入には個人輸入や輸入代行会社を利用する必要があるんです!

 

日本で作られてないのは少し不安‥という方もいると思います。

確かに、海外製で皮膚障害などが出た報告なども耳にするので不安ですよね。

 

今回はビハクエンがどのような会社で、製品は安全なものなのか等を徹底解説していきます!

 

ビハクエンの会社はアメリカだった!

ビハクエンの会社について解説します。

ビハクエンの会社はアメリカだった!

 

ビハクエンはハイドロキノンクリームやトレチノインクリームなど美白系化粧品ですが、販売されているサイトは多くありません。

その理由として、実はビハクエンの本社はアメリカ合衆国にあります。

 

そのため日本での取り扱いは少ないです。

ビハクエンの会社名はKlein Anderson(クレインアンダーソン)です。

 

アメリカの会社なのに「ビハクエン」という日本語の商品名が付いているのは、ビハクエンのコンセプトにあります。

日本は医薬品のラインが厳しく、アメリカでは配合できるものができないことがあります。

 

アメリカはスキンケアと美容皮膚科の距離が近く、日本では医薬品として使用される成分や濃度を化粧品に配合できるなど日本ではできないことができるのです。

 

ビハクエンで販売されているハイドロキノンやトレチノインは、日本国内で手に入れるとなると皮膚科で処方してもらう必要があります。

 

ビハクエンは、メディカルならではの美容法を日本でも身近な存在にしたいとの思いで誕生しました。

日本の大手通販サイトAmazonや楽天では、ハイドロキノンクリームやトレチノインクリームは医薬品の分類になるため販売できないそうです。

 

アメリカでは認可が下りているのですが、日本では高濃度配合されたものは医薬品に分類されてしまうんですね。

日本では安全性の高い濃度までしか配合できず、それ以上は皮膚科処方となります。

 

ハイドロキノンとトレチノインですが皮膚科では医薬品として処方してもらえる成分という点では安心できますね。

しかし、高配合であるため皮膚への刺激となる人は一定数いるので皮膚科で処方してもらうにしろ、ビハクエンで使用するにしろパッチテストは必ず必要です。

 

ビハクエンはアメリカの製品なので、売れ切れが良く起こります。

ビハクエンの売り切れ問題に関しても合わせてご覧下さい。

 

\世界で30万人以上が使用!全額返金補償付き/

ビハクエン(bihakuen)をみてみる!

人気商品につき、リンクを開いても売り切れてる場合が多々あります。

ビハクエンは国外生産?!大丈夫なの?

 

ビハクエンは国外生産?!

 

日本は安全性の高い基準を設けているため商品製造も清潔に行われている印象ですよね。

 

そのため、日本製ではないとなると不信感を持つ方がほとんどだと思います。

私も最初はそうでしたが、ちょっと待って下さい!

 

ビハクエンの商品の中にはモンドセレクションを受賞している商品もあります。

モンドセレクションは、ベルギーにある企業が幅広い商品の技術的水準を審査するものです。

 

審査基準は以下の項目です。

  • 味覚(化粧品には関係ありません)
  • 衛生
  • パッケージに記載されている成分などが正しいか
  • 原材料
  • 消費者への情報提供

 

これらの各小目の点数を加算し総合得点によって賞が付与されます。

そして、ビハクエンの商品はモンドセレクションの銀賞を受賞していました。

 

衛生面の評価も含まれているため安全性の証拠の一つとなります。

口コミでも梱包の不具合などは見当たりませんでした。

 

成分配合もハイドロキノンに関しては5%までの配合であれば白斑などの出現も報告されておらず、販売されているハイドロキノンは4%配合です。

 

皮膚科で処方してもらえるハイドロキノンクリームも作用と副作用のバランスを考えた上で4%で処方されていることが多く、その点安全性が保証されている範囲での使用をしているので危険性は低いと考えられます。

 

ちなみに2%までなら認可が下りているので化粧品にも配合できます。

アメリカでは2~3%程度ハイドロキノンが含まれている商品は、日本でいうメジャーなドラッグストアで販売されているそうです。

 

トレチノインは高濃度のものであればアメリカでも皮膚科処方してもらうようで、ハイドロキノンと併せて使うそうです。

 

使用方法としては日本もアメリカも同じですね。

基準が違うもののアメリカでは他社も使用している成分のため安心です。

 

実際にビハクエン(bihakuen)を私が試した口コミを下の記事で紹介しているので、是非確認してみて下さいね!

ビハクエンの口コミ記事

こんにちは! 私は肌のシミに悩んでいたぬちゃん(主婦)です!   私はもともとシミができやすいタイプでした。 若い頃の日焼けのせいなのか顔にぽつぽつと目立つシミがたくさん…… […]

IMG

ビハクエンの会社と国まとめ

ビハクエンを製造している会社はアメリカですが、日本にもメディカルスキンケアを身近に感じてもらうことを目的に製造されたものです。

日本で化粧品として販売できないものの皮膚科処方の範囲の配合なので正しく使用すれば危険性は低いです。

 

効果が出やすい成分であるからこそ、肌の刺激となってしまうこともあります。

どの化粧品・医薬品でも肌に合わない人は一定数いるので、皮膚にトラブルが出たら皮膚科を受診するようにしましょう。

 

\世界で30万人以上が使用!全額返金補償付き/

ビハクエン(bihakuen)をみてみる!

人気商品につき、リンクを開いても売り切れてる場合が多々あります。