ビハクエンの副作用が気になる?!長年使用してきた体験を解説!

美白に特化したビハクエンという商品を知っていますか?

 

アメリカでは美容医療とスキンケアが密接な関係にあり、
「日本にもメディカルなスキンケアを!」という思いで作られた製品です。

 

日本では化粧品に配合が認可されていない濃度のアイテムなどもあるため、「いい商品なのは分かるけど悪い効果があったら怖い…。」という方も多いと思います。

かれこれ数年ビハクエンを使用している私が実感した副作用について書いていこうと思います!

 

ビハクエンに副作用はある?!

ビハクエンに副作用はあるのかどうか解説します。

ビハクエンに副作用はある?!

長年使用してわかった結果、ビハクエンは正しく使用すれば副作用はでません。

化粧品の副作用となると、かぶれなどの肌荒れを起こすことを指すことになりますが、正しく使用している分にはトラブルも起こったことがありません!

 

ビハクエンの副作用を出さないために、正しい使用方法で使っていただくことが大前提となります。

 

有名なビハクエンの化粧品でいえば、ハイドロキノンやトレチノインですよね。

トレチノインは成分そのものにピーリング効果があるので、ポロポロと角質剥離を起こします。

「角質剥離を起こす成分なんだ」と認識していなければ副作用と感じるかもしれません。

これは正しい反応で、ターンオーバーが促されていることによります。

 

また、ビハクエンのハイドロキノンやトレチノインは日本では皮膚科で処方してもらえる濃度が配合されています。

そもそもお肌が敏感肌であったり肌荒れしている状態であれば、刺激が強く赤みなどを起こす可能性があります。

この場合は、化粧品が悪かったというよりかは肌の弱さと化粧品の濃度が合わなかっただけで、副作用にはあたりません。

 

皮膚科で相談したうえで濃度を下げて使用するか、違う方法で美白へのアプローチをする必要があります。

 

ビハクエンの副作用を起こさないためにも、使用方法もハイドロキノンとトレチノインで異なるので、塗布する範囲や量を間違わないようにしましょう!

 

ハイドロキノンは気になるのシミの部分を中心に「広く」

トレチノインは気になる部分「のみ」塗布します。

 

先程説明した通り、トレチノインは角質剥離などピーリングを促す効果が高いです。

正しく塗布しないと顔全体からフケがでているようになってしまいます!

 

自己流で使用するとビハクエンの副作用が発生する危険性もあるので、絶対やめましょうね。

 

使用されている成分もアメリカのcGMPという非常に厳しい製造基準に沿って製造されています。

ビハクエンは副作用を気にせず安心して使用してできます!

 

ビハクエンを実際に試した口コミ体験談、おすすめの使い方を紹介しているので良ければ見ていって下さいね。

↓↓↓

ビハクエン(bihakuen)の口コミ・評判の体験談!おすすめの使い方も解説

どこでビハクエンを購入すれば安くて安心なのかも解説しています!

 

ビハクエンで副作用を起こさないためのポイント!

ビハクエンで副作用を起こさないためのポイントについて解説します。

ビハクエンで副作用を起こさないためのポイント

ビハクエンで肌荒れなどの副作用を起こさないポイントは2つあります。

まず1つは先述した通り、正しい使用方法を守ることです。

ビハクエンで特に効果があるといわれているものはハイドロキノンとトレチノインの併用です。

しかし、効果の高い成分であるため正しい量、塗布の仕方でないと広範囲の角質剥離などを起こします。

 

ハイドロキノンは「肌の漂白剤」といわれていますが、ビハクエンのハイドロキノンは4%含有しており、4%で白斑などができた報告はないです。

 

広範囲に間違えてつけてしまったからといってビハクエンの副作用が必ず起こるというわけではないですが、気をつけましょう。

 

また、ビハクエンのハイドロキノンもトレチノインも塗布後は紫外線対策が必須です。

これを守らないとシミが逆に濃くなるというハイドロキノンの光毒性が働いてしまうので心配な方は夜にしか塗らないようにするなど工夫をすれば安心です。

 

2つ目は、正しい保管方法で管理することです。

ビハクエンに限らずハイドロキノンは酸化しやすい成分で、密閉して冷所で保管する必要があります。

ビハクエンのハイドロキノンクリームの量であれば1ヶ月使い切りが良いです。

 

酸化してしまうと毒性が出て来てしまい肌荒れの原因となります。

酸化した印として茶色っぽく変色するので変色した時点で使用は必ず辞めましょう。

 

ビハクエンのハイドロキノンやトレチノインはセットで買った方がお得です。

しかし、酸化を防ぐような保管方法をしていなければ使っていないものまで酸化してしまい使えなくなってしまいます。

 

紫外線も酸化の原因になるので冷所で密閉するようにしましょう!

 

 

ビハクエンのハイドロキノンやトレチノインを正しく使用すれば副作用は怖くありません。

ビハクエンのハイドロキノン・トレチノインの使い方についての記事も合わせてご覧下さい。

 

\期間限定で全額返金保証!ノーリスクで試せる/

公式サイト:https://osakadou.cool/topics/bihakuen_refund.html

人気商品につき、リンクを開いても売り切れてる場合が多々あります。

 

ビハクエンの副作用まとめ

ビハクエンは正しく使用すれば副作用は生じません。

全て化粧品の使用方法に記載されている内容ですが、医薬品同等の効果を得られるものなので使用する時は成分に対する正しい知識をもつのが大切です。

 

トレチノインの角質剥離以外にひりつきや赤み、熱感など肌荒れと思われる症状が出た場合は皮膚科に診察してもらいにいきましょう。

極端に肌が弱くなければどなたでも使用できるアイテムです!正しい使用方法や保管方法でビハクエンで白く綺麗な肌になりましょう!