ビハクエンで売れ切れ多発?!まとめ買い後の保管方法について

美白クリームのハイドロキノンやトレチノイン、飲む日焼け止めなどを販売しているビハクエンですが、人気の商品であることから「買おうとしたのにもう売れ切れてる」なんてことも!

人気があるため商品がなくなるのが早いので、購入できるときにまとめて買うのがおすすめです。

 

今回は、ビハクエンが何故売り切れが多発しているのか、まとめ買い後はどうやって保管すれば良いのかを一緒に見ていきましょう!

ビハクエンの売れ切れは日常茶飯事!

 

ビハクエンの売り切れは日常茶飯事

ビハクエンはアメリカの会社ですが、日本での販売を開始してから口コミで拡散されていき、たくさんの美意識の高い女性が購入しています。

海外製品であるにも関わらず人気の理由は2つあります。

 

1つ目は、ビハクエンのハイドロキノンやトレチノインは日本では販売されていないことです。

 

高濃度であれば皮膚科医に処方してもらう必要があります。

病院での処方が必要なほど効果の高い成分を使用です。(ハイドロキノンは4%配合されていますが、5%以下での白斑などの皮膚トラブルの報告はないので、安心してください。)

 

2つ目は、やはり美白効果抜群な所です。

 

特にハイドロキノンとトレチノインは口コミを調べても「シミ・肝斑が薄くなった!」という声が多数聞かれます。

 

日本では皮膚科受診をしないと手に入れることが難しいことから、まとめ買いをする方も多いため売り切れ多発というわけですね。

 

 

ビハクエンで特に人気の商品はハイドロキノンクリーム、トレチノインクリーム、UVシールドです。

ハイドロキノンは「皮膚の漂白剤」とも言われている成分です。

 

作用機序としては、メラニン色素の合成に関わる酵素を阻害するのに加え、メラニンを作り出す細胞も数も減少させることでシミを漂白すると言われています。

しかし、ハイドロキノンは「酸化しやすい」という性質を持っているため、適切な保管をしないと変質して使用できなくなります。

 

まとめ買いをした場合はどのように保存すれば良いのか見ていきましょう!

 

ビハクエンの保管方法!まとめ買い後について

 

ビハクエンの保管方法

 

売り切れが多発しているビハクエンですが、まとめ買いがおすすめです。

公式サイトである「オオサカ堂」からの購入であれば、セット購入の方がお得に購入できます。

 

「ハイドロキノンは酸化しやすいって言ってたけど、まとめ買いした後の保管はどうしたらいいの?」と疑問に思いますよね。

 

保管方法に注意が必要なのはハイドロキノンとトレチノインです。

特にハイドロキノンは酸化すると、毒性を持ちます。

 

シミを薄くする効果のあるハイドロキノンですが、酸化すると茶色く変色し逆にシミを濃くしてしまいます。

そのため、酸化したハイドロキノンは使用できなくなってしまうのです。

 

ハイドロキノンとトレチノインの保管方法のポイントは3つあります。

 

冷蔵保存する

紫外線などに触れることでも酸化は進みます。

皮膚科でもハイドロキノンとトレチノインは冷蔵保存するようにと注意書きされています。

 

密封する

ハイドロキノンクリームにもトレチノインクリームにも蓋はついているのですが、蓋を閉めているだけでは「冷蔵保存してたのに変色してた!」ということもあります。

酸化は空気や紫外線と接触することで進むため、ジップロックやタッパーなど密閉できるケースに入れて保管しましょう。

 

1ヶ月で使い切る

保管方法ではないですが、使い切る期間も大切です。

未開封のものでも酸化される可能性があることから、購入したものはできるだけ早く使用する必要があります。

目安としては1本1ヶ月で使い切るのが良いと言われているので、1ヶ月程度で使い切るようにしましょう。

特に開封したものは空気と触れ合う機会が多くなるので、酸化の可能性が高くなります。

 

開封していなくても紫外線はコンクリートでも通過することができるので、未開封のものでも同様の保管方法をする必要があります。

UVシールドは、サプリメントなので高温・多湿を避ければ大丈夫です。

 

ビハクエン売り切れ時のまとめ

ビハクエンは人気商品であるため売り切れていることも多々あります。

オオサカ堂で売り切れている状態は見たことがないですが、ネット上には「売り切れてた!」という声も多くありました。

オオサカ堂以外の通販での購入は不良品が到着する可能性もあることから売り切れていたとしてもやめておくべきです。

購入できるときにまとめ買いして、自宅では正しい保管方法でストックを持っておくのが一番オススメです!