ビハクエンに使用期限や保存方法を解説!購入後の注意点について

ビハクエンはアメリカのメディカルなスキンケアを日本でも普及したい!という思いから立ち上げられたブランドです。

美白の化粧品がたくさん販売されていますが、使用期限や保存方法に注意が必要な商品もあります。

 

特に早く使用する必要や保存にも注意が必要とされているハイドロキノンクリームとトレチノインクリームについて紹介します。

特にハイドロキノンは酸化されやすい成分です。酸化を進行させないための保存方法など紹介します!

 

ビハクエンに使用期限はあるの?!

ビハクエンに使用期限はあるのか解説します。

ビハクエンに使用期限はあるの?!

ビハクエンのハイドロキノンクリームやトレチノインクリームには使用期限はあるのでしょうか?

 

皮膚科て処方されるハイドロキノンクリームの使用期限は主に1ヶ月〜2ヶ月といわれています。

ビハクエンのハイドロキノンクリームも1ヶ月以内に使い切るのが良いとされています。

同じくトレチノインクリームも1ヶ月が使用期限です。

 

一般的な化粧品は未開封であれば3年、開封後であれば3ヶ月使用できるように作られています。

しかし、ハイドロキノンやトレチノインは特に酸化されやすい成分なので短く設定されています。

 

ハイドロキノンは酸化されると毒性を生じ、逆にシミを濃くしてしまう可能性があります。

トレチノインクリームも酸化されやすく、酸化すると変質してしまうため肌に刺激を与えやすくなります。

 

これらの商品は、開封した時点で空気との接触が始まるため、酸化が進みます。

出来るだけ早く使い切るようにしましょう。

 

酸化の原因は、空気との接触だけでなく紫外線でも起こります。

紫外線にはA波とB波とあり、A波は窓ガラスなども透過して入ってきます。

 

そのため室内であっても窓際などに保管していると紫外線の影響で酸化してしまう可能性があります。

保存方法については次に説明しますが、保管にも気をつけて使用期限内に使い切るようにしましょう!

 

ビハクエンの保存方法について!

ビハクエンの保存方法について解説します。

ビハクエンの保存方法について!

ビハクエンのハイドロキノンクリームやトレチノインクリームは、先ほど述べたとおり酸化されやすいという性質があります。

そのため、酸化を予防するビハクエンの保存方法が必要です。

 

ハイドロキノンクリーム、トレチノインクリームともに「冷蔵庫で、密封できる入れ物にいれて保管する」方法が推奨されています。

 

窓際などにビハクエンを保管していると、窓ガラスを透過した紫外線で知らないうちに酸化が進んでしまいます。

未開封であっても酸化が進んでハイドロキノンクリームが変質して茶色がかってしまったりします。

ハイドロキノンは色が変わってしまっているのは酸化してしまった証拠なので使用できません。

未開封状態での酸化を防ぐためにも、紫外線を避ける必要があります。

 

また、高温多湿での保管は品質が落ちてしまいます。

これらをクリアするのは冷蔵庫であるため、冷蔵庫で保管するようにしましょう。

 

ハイドロキノンクリームとトレチノインクリームは、開封した時点から酸化が始まります。

そのため使用以外での空気との接触は酸化を進める原因となってしまうため避けたいところです。

タッパーに入れたり、ジップロックなどの密閉できるアイテムを使用して空気を遮断しましょう。

 

保存方法としては面倒な部分がありますが、皮膚科で処方される際も冷蔵庫での保存が推奨されています。

 

特に、ビハクエンではまとめ買いがお得なので数本ストックする方も多いと思います。

未開封のものが酸化すると使用できなくなり勿体無いので、保管方法は必ず守りましょう!

 

ビハクエンの使用期限・保存方法まとめ

ビハクエンのハイドロキノンクリーム、トレチノインクリームには約1ヶ月で使用を終える方が良いと使用期限があります。

使用期限が短めに設定されているのは、酸化する前に使いきる必要があるからです。

ハイドロキノンもトレチノインも元々効果が強いものですが、酸化されると肌への刺激が強くなり肌荒れの原因となります。

良い効果を得られる期間を長くするためにも正しい保管方法でなるべく早く使い切るようにしましょう!